木の家・自然素材で住宅設計する光設計:東京・神奈川・埼玉・千葉

エキサイトブログ

自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して20年.....光設計のノウハウ満載ブログ

エキサイトブログ
江戸styleの家

江戸の「粋」を今に活かし、自立循環型社会を目指してオーガニックなく暮らしを旨とするエコ住宅です。

江戸styleの家
呼吸する住まいに住んでいる人の日記

好奇心とチャンレンジ精神いっぱいの主人が呼吸する住まいの楽しみ方を綴ったブログ

呼吸する住まいに住んでいるの日記
呼吸する住まいが分かる本

建築家、工務店、家づくり、リフォームなどにも役に立つ情報がどのページにもわかりやすく実例写真付きで掲載されていています。

呼吸する住まいが分かる本 購入
お問合せエリア

東京都
世田谷区 目黒区 杉並区 
大田区 練馬区 板橋区 
荒川区 北区 江戸川区 
葛飾区 渋谷区 新宿区 
墨田区
八王子市 府中市 調布市 
三鷹市 町田市 武蔵野市など


埼玉県 神奈川県 千葉県
などその他のエリアの方もお気軽にお問い合わせください。


光設計ホームページのトップページへ戻る
町とのつながりも考えよう:見直しの住居学13

近所づきあいを表す言葉に「向こう三軒両隣り」という言葉があります。両隣と通りをはさんだ向かいの3軒、計5軒とは「お互い様」の気持ちでお付き合いする、という昔ながらの考え方です。住まいをつくるときにはこのお互い様の気持ちを大切にしたいものです。

町とのつながりも考えよう:見直しの住居学13枕木と大小の白い石を敷き込んで
町に開いたアプローチ。
古い鋳物のポストもそのままの
場所に残しています。


「塀をつくらず街にオープンに開いた住まい」を提案すると、それでは用心が悪いからブロック塀を2m程の高さでつくってほしいという人がいます。でもこれは逆です。防犯を考えて、塀を高くするのは安全にはつながりません。塀を乗り越えて侵入した泥棒は、塀の陰に身を潜めていれば、家の人が気付かない限り見つかりません。

それよりも、生け垣やネットフェンス、低い花壇などを塀代わりに、道行く人の眼も楽しませるようにオープンにした方が、かえって安全です。隣り近所の人の眼があるので、泥棒も侵入するのが難しく感じるはずです。生け垣やネットフェンスをお隣さん同士で計画すれば、昔ながらの「向こう三軒両隣り」の気持ちが現代に復活します。

町とのつながりも考えよう:見直しの住居学13
【写真左】鍛鉄工芸家に依頼したオリジナルの門扉。子供たちをイメージした2羽の「しじゅうから」がとまっています。
【写真右】ギャラリーの看板。珪藻土、鍛鉄のサイン、緑化屋根で楽しいデザインにしています。

通りに面した空間は門扉、郵便受け、植栽、カーポートなどの場になると同時に、住まいと街との接点になります。住む人にとっては自分の「私的な」庭であり、道路を行き来する人にとっては「視的な」庭になるわけです。街とのつながりを意識しながら、街の人が見て楽しむ空間を提供してあげるのだという心の余裕で、魅力的な前庭をつくってみませんか。前庭は住まいの内部でありながら、街の一部でもあると考え、街のひとを思わず立ち止まらせるようなデザインを考えるのも楽しいと思います。町とのつながりを考える人が一人でも多くなれば、街はもっと優しく楽しく変化していくはずです。


施工事例をご紹介


町とのつながりも考えよう:見直しの住居学13
【写真左】雑木林を借景にして、町に開いた住まい。町ゆく人にも視的に楽しい空間を。
【写真右】以前からあった庭の枝垂れ桜と緑の垣根を補修しながら残した住まい。

町とのつながりも考えよう:見直しの住居学13
【写真左】珪藻土でつくった植裁ポケット。小さな緑がアプローチの可愛いアクセントになっています。
【写真右】2世帯住宅のポスト、表札をデザインした珪藻土の塀。植裁ポケットは季節に応じて花を変えて楽しめます。

提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所