木の家・自然素材で住宅設計する光設計:東京・神奈川・埼玉・千葉

エキサイトブログ

自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して20年.....光設計のノウハウ満載ブログ

エキサイトブログ
江戸styleの家

江戸の「粋」を今に活かし、自立循環型社会を目指してオーガニックなく暮らしを旨とするエコ住宅です。

江戸styleの家
呼吸する住まいに住んでいる人の日記

好奇心とチャンレンジ精神いっぱいの主人が呼吸する住まいの楽しみ方を綴ったブログ

呼吸する住まいに住んでいるの日記
呼吸する住まいが分かる本

建築家、工務店、家づくり、リフォームなどにも役に立つ情報がどのページにもわかりやすく実例写真付きで掲載されていています。

呼吸する住まいが分かる本 購入
お問合せエリア

東京都
世田谷区 目黒区 杉並区 
大田区 練馬区 板橋区 
荒川区 北区 江戸川区 
葛飾区 渋谷区 新宿区 
墨田区
八王子市 府中市 調布市 
三鷹市 町田市 武蔵野市など


埼玉県 神奈川県 千葉県
などその他のエリアの方もお気軽にお問い合わせください。


光設計ホームページのトップページへ戻る
長持ちする家をつくろう:見直しの住居学11

日本の住宅の建て替えサイクルは28年というデータがあります。何も考えないで家を作ると、30年の寿命もない未来の粗大ゴミを一生懸命建てることになってしまいます。いま建て替えている住宅は、老巧化による構造的な問題よりも、家族構成の変化に適合できなかったり、設備が壊れたりすることが原因している場合が多いようです。あらかじめ設備の更新や間取り変更への配慮があれば、リフォームで済むケースもたくさんあります。

ところがリフォームが可能でも建て替える場合が少なくありません。家に愛着がないからでしょうか。愛着があれば簡単に取り壊す気にはならないはずです。私は愛着のわく家づくりを目指し、そのために自然の素材を使っています。

長持ちする家をつくろう:見直しの住居学11
リビング。から松、珪藻土を使っている。


無垢の木や和紙、珪藻土の壁、自然の塗料などを使った住まいは、経年美化といって年月が経っても汚くなりません。というより味のある汚れ方をしてくれます。小さな傷も染みも、家族が暮らしてきた年輪となります。また自然の素材の住まいは、解体しても多くは土に還りますから、環境を考える上でも重要な意味があります。

長持ちする家をつくろう:見直しの住居学11【写真左】リビング。床はナラ、壁は珪藻土、天井はくりこま杉を使用。
【写真右】リビング。べい松、珪藻土を使っている。

家族の変化に柔軟に対応するには、木造の昔ながらの軸組工法が適しています。柱を残しながら、改築や増築が比較的簡単にできるからで、きちんと補強すれば1〜2本の柱の撤去も可能になります。設備の更新のためには配管類を壁に埋め込まないことです。
配管類を通す竪穴を維持管理しやすい場所に設け、要所には点検口を設けておきます。設備機器には寿命がありますから、将来必ず取り替えるものだという認識を持ち、準備しておくことが大切です。貴重な木材資源を使うのですから、愛着の湧く住まいをつくって長持ちさせ、次世代につなげていきたいものです。

長持ちする家の施工事例をご紹介


長持ちする家をつくろう:見直しの住居学11
【写真左】カナダ杉を床と天井に使用したリビングです。
【写真右】床、天井に信州カラ松を使っています。

長持ちする家をつくろう:見直しの住居学11
【写真左】床はカラ松、天井は杉、畳は伊藤園のお茶殻をリサイクルした「さらり畳」を使用しています。
【写真右】自然素材にこだわってマンションを民家のイメージにリフォームした実例です。

提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所