木の家・自然素材で住宅設計する光設計:東京・神奈川・埼玉・千葉

エキサイトブログ

自然素材を使って健康と環境に配慮した住まいを設計して20年.....光設計のノウハウ満載ブログ

エキサイトブログ
江戸styleの家

江戸の「粋」を今に活かし、自立循環型社会を目指してオーガニックなく暮らしを旨とするエコ住宅です。

江戸styleの家
呼吸する住まいに住んでいる人の日記

好奇心とチャンレンジ精神いっぱいの主人が呼吸する住まいの楽しみ方を綴ったブログ

呼吸する住まいに住んでいるの日記
呼吸する住まいが分かる本

建築家、工務店、家づくり、リフォームなどにも役に立つ情報がどのページにもわかりやすく実例写真付きで掲載されていています。

呼吸する住まいが分かる本 購入
お問合せエリア

東京都
世田谷区 目黒区 杉並区 
大田区 練馬区 板橋区 
荒川区 北区 江戸川区 
葛飾区 渋谷区 新宿区 
墨田区
八王子市 府中市 調布市 
三鷹市 町田市 武蔵野市など


埼玉県 神奈川県 千葉県
などその他のエリアの方もお気軽にお問い合わせください。


光設計ホームページのトップページへ戻る
上の方が新しい雑誌になります。

モダンリビング231号(2017年2月7日発売)
ホームプランニング
東京の経験豊富な建築家とつくる家
チルチンびと(2013/春号)
埼玉の注文住宅(2013/春号)
ナチュラルハウジング(2012/5月発売)
ナチュラル派の家づくり
新しい技術・家庭 家庭分野(東京書籍)
建築知識(2011/10月号)
ミセス(2011/10月号)
家の光(2011/10月号)
ソトコト(2011/9月号)
婦人の友(2011/8月号)
建築知識(2011/7月号)
はじめてのインテリアスタイルBOOK(成美堂出版)
コレカラ(2010/2月号)
余はく(2010/新春号)
ホームプランニング(2009/10-12月号)
婦人公論
ホームプランニング
SIGNATURE誌
「和福美」(ニューハウス出版)
ニューハウス「モダンな和の家2」
住まいの設計アーカイブ
LIVING DESIGN
ムック本「すくすくと子供が育つ家づくりのルール66」(成美堂出版)
フリーペーパー「余はく」第2号
WaSaBi(2007/9月号)
ONESELF VOl.9
ニューハウスのムックの「住みよい間取りの家」
「チルチンびと」別冊NO.13
世界でいちばん自分らしい家NO.6
「東京で家を建てる」2007年春号(リクルート社)
ニューハウス・ムックNO.122「モダンな和の住まい」
地球丸「木の家に暮らす」16号
ムックの本「建築家と建てた素敵な家」(2006/10/25発行)(成美堂出版)
ニューハウス10月号
「和のスタイルで快適な家づくり79の方法」(成美堂出版)
住まいの手引き2007年版(新建新聞社)
別冊 PLUS 1 LIVING「予算内で賢く家を建てる157のコツ」(主婦の友社)
別冊美しい部屋NO.54「私の家づくり」(主婦と生活社)
ムックの本「心地よい和の暮らし」(成美堂出版)
ニューハウスのムックNO.112「間取りが決め手の住まい」
LEE特別号「LEE LIVING 家族を守る!耐震・防犯・自然素材の住まい」(集英社)
ムックの「本当に暮らしやすい間取り138の条件」(成美堂出版)
「住まいの実例セレクション50」
「アイシスラテール20号」
別冊メイプル 自然に優しい家


モダンリビング231号(2017年2月7日発売)
モダンリビング231号モダンリビングは1951年創刊の歴史がある住宅誌です。
2017年2月発売の231号に練馬区のY-HOUSEが掲載されています。
Y-HOUSEは太陽光発電と東京ガスのエネファームを組み合わせて、家で使う電気の80%を自家発電することを目指している「創エネルギーの近未来型エコハウス」です。
建築主のYさんの好きなフランク・ロイド・ライトの建築のイメージをテーマにして、外構はザ・シーズンさん、家具はアーヴィックさんと3社でコラボをしながら、フランク・ロイド・ライトの雰囲気を醸し出すようにデザインをしています。



ホームプランニング
ホームプランニング「ホームプランニング」は本屋さんで売っている本ではなくて、金融機関のロビーなどに置かれている情報誌です。銀行などでご覧になられた方もいるのではないでしょうか。2014年12月号の巻末の特集「住宅建築の名手が建てた家」のコーナーに八王子市のS-HOUSEが掲載されています。Sさんの住まいは「外観と調和する雑木林のような外構...」をコンセプトに家と外構をデザインした住まいで2007年に完成しました。外構のデザインと施工は自然の庭が得意な彩苑さんにお願いしました。



東京の経験豊富な建築家とつくる家
東京の経験豊富な建築家とつくる家「東京の経験豊富な建築家とつくる家」は建築ジャーナル社から2014年2月に発行されたムック本です。練馬区の横山HOUSEが掲載されています。横山HOUSEは屋根一体型の太陽光発電パネルと東京ガスのエネファームのw発電で家で使う電気の約80%を自家発電しているエコハウスです。この本には52人の東京の建築家が掲載されています。「経験豊富な...」というタイトル通り、私のよく知っている50代以降の仲間の建築家も何人も登場しています。



チルチンびと(2013/春号)
ナチュラル派の家づくり「チルチンびと」は季刊の住宅誌です。2013年春号に武蔵野市吉祥寺のNさんの2世帯住宅が掲載されています。Nさんの住まいは、建て替え前の古い家にあった障子や違い棚、桁、ランプなどを再利用しながらのモダン和風の住まいになっています。2階のリビングは隣地の桜を借景にして、気持ちよく快適に暮らせる住まいを実現しています。



埼玉の注文住宅(2013/春号)
ナチュラル派の家づくり「埼玉の注文住宅」はリクルート社発行の季刊の住宅誌です。2013年春号に埼玉県狭山市のNさんの住まいが掲載されています。Nさんの住まいは太陽熱を給湯と床暖房に利用しながら雨水を2トンのタンクに溜めてトイレの流し水などに利用するエコハウスです。



ナチュラルハウジング(2012/5月発売)
ナチュラル派の家づくり「ナチュラルハウジング」は自然素材の家づくりを掲載しているムックの本です。2012年5月発売のVOL.1に昨年11月に吉祥寺に完成したNさんの住まいが掲載されています。Nさんの住まいは敷地約48坪に計画した2世帯住宅です。ご両親のいままでの家にあった古い建具、桁、違い棚、書院の障子、消しガラスの電灯なども新しい住まいにそれぞれの場所を与えて生かしています。



ナチュラル派の家づくり
ナチュラル派の家づくり「ナチュラル派の家づくり」誌は年2回発行されている30〜40代の若い人向けの家づくりの本です。月刊ではありませんので長い間本屋さんの店頭にならんでいます。都市・郊外で自然に寄り添うナチュラルな家の情報が満載の本です。特集の「自然の力を生かす家づくりの知恵」という6ページのコーナーの記事を書きました。「日差しをコントロール」、「さわやかな風を呼び込む」、「エコと健康を意識した工夫を凝らしましょう」の3つのポイントを今までの施工例の写真などとともに分かりやすく記事にまとめています。


新しい技術・家庭 家庭分野(東京書籍)
新しい技術・家庭 家庭分野2012年4月から公立中学校で使われる東京書籍の「新しい技術・家庭 家庭分野」の教科書に光設計の住まいが掲載されています。教科書には、光設計の事務所での取材内容をベースにして「光を取り入れる・自然の風を通す・自然の素材を使う」という3つのテーマで「自然環境を生かした住まいの大切さ」が実例の写真とともに掲載されています。今年の4月から10万人近い未来の日本や世界を担う中学生たちに光設計がテーマにしている「自然環境を生かした住まいの大切さ」が学校の授業を通して伝わることになりますので、とても嬉しく思っています。裏表紙には「この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待をこめ、税金によって無償で支給されています。」と書かれています。この教科書で「自然環境を生かした住まいの大切さ」を学ぶ中学生の皆さん、どうか未来の日本や世界、地球をより良い方向へ引っ張って行く人になってください。


建築知識(2011/10月号)
建築知識建築知識2011年10月号の特集は「これからは再生可能エネルギーだ!省エネ・節電時代のエコ設備」です。太陽光、太陽熱、水力、風力、地熱、バイオマス、廃熱、LEDなどエコ設備の施工例の工夫がいっぱい掲載されています。光設計は太陽熱を利用して家中の給湯に利用している狭山のエコハウスと雨水をトイレの流し水と夏のクーリングに利用している喜多見エコハウスについて詳しい図面とともに執筆しました。86ページと99ページに掲載されています。専門誌ですので本屋さんで立ち読みしてみてください。


ミセス(2011/10月号)
ミセスミセスは月刊の婦人誌です。2011年10月号の特集「今、家を建てるならエコハウス」というコーナーで5年前に杉並区に完成したIさんの住まいが掲載されています。Iさんの住まいは地下7mの地中熱をファンで取り込んで利用することにより、夏は涼しく、冬あたたかい住まいを目指すエコハウスです。「撮影した日の天候があまり良くなかったせいでしょうか、かなり部屋の木の色が濃く写っていて、味わいのある感じになっていますね。思わず、「もうすぐ家ができてから5年経つんだなぁ」ということを実感する写真でした。


家の光(2011/10月号)
家の光JAの定期購読誌「家の光」は全国のJAの組合員の方々に定期購読されている本ですので、残念ながら本屋さんには並んでいません。2011年10月号に喜多見エコハウスが掲載されています。「住まいのカタチ」という4ページの住宅のコーナーに、「自然力を上手に生かす 呼吸する家」というタイトルで喜多見の自邸が雨水や緑、風などを上手に利用している住まいの実例として詳しく紹介されています。


ソトコト(2011/9月号)
ソトコト「ソトコト」は月刊で発行されているロハスピープルのための快適生活マガジンでエコロジーでは有名な本です。2011年9月号の特集はエコハウスの実例集です。その中で、喜多見エコハウスがインタビュー記事と写真とともに掲載されています。


婦人の友(2011/8月号)
婦人の友婦人の友は1902年に創刊された女性のための生活情報誌で109年の歴史がある本です。2011年8月号の低エネルギーライフのコーナーに喜多見エコハウスが7ページに渡って写真やデータとともに掲載されています。2003年に練馬区に完成した太陽と雨を利用している小林HOUSEの小林さんのコメントも紹介されています。


建築知識(2011/7月号)
建築知識「建築知識」は月刊で発行されている建築業界の専門誌です。2011年7月号の特集は「暑さ・節電対策は建築植栽からはじめよう!」です。建築的な工夫で緑を生かして暑さ対策をしている建築の好例が紹介されています。その中で光設計の実例として、「狭山市・ギャラリー麦」、自邸の「喜多見エコハウス」の2つの例が掲載されています。「狭山市・ギャラリー麦」は屋根を工夫しながら緑化して断熱効果を高めています。「喜多見エコハウス」は屋根と西側の緑のカーテンに雨水を流して家のクーリングに雨水を利用しています。そんな試みが詳細の図面やスケッチとともに掲載されています。


はじめてのインテリアスタイルBOOK(成美堂出版)
婦人公論「はじめてのインテリアスタイルBOOK」は成美堂出版から出版されているムックの住宅誌です。2010年3月20日に発売された最新号の「新和風スタイル」という特集の中で世田谷区喜多見の江戸Styleの家が紹介されています。


コレカラ(2010/2月号)
婦人公論「コレカラ」は50代からの暮らし応援マガジンで、毎月22日にリクルート社から発行されている会員情報誌です。2010年2月号は住まいの大特集「今年こそ、住まいの夢をかなえましょう」です。雨水利用でエコな家として、喜多見エコハウスが紹介されています。見開き2ページですが写真をたくさん使ってわかりやすい記事になっています。


余はく(2010/新春号)
婦人公論「余はく」は注文住宅のポータルサイト:ハウスネットギャラリーが年3回発行している住生活情報フリーマガジンです。2010年新春号に昨年10月に完成した千葉県柏市のMさんの住まいが掲載されています。Mさんの住まいはホンダの太陽光発電パネルを屋根に設置しています。また2トンのタンクに雨水を溜めて、1階、2階2カ所のトイレの流し水や洗車の水、植木の散水などに利用しています。自然エネルギーの太陽と雨を有効に利用したエコロジーな住まいになっています。


ホームプランニング(2009/10-12月号)
婦人公論「ホームプランニング」は銀行など全国の金融機関のロビーに置かれている家づくりの情報誌です。2009年10-12月号で「住宅建築の名手が建てた家」を特集しています。そのなかで2007年に八王子市に完成したSさんの住まいが紹介されています。Sさんの住まいは「雑木林の中に佇んでいるような」がコンセプトの住まいです。アプローチにウッドデッキを張って、まるで里山を歩くように木漏れ日のなかを通って玄関に辿りつく...というイメージに仕上げています。この雑木林のような外構はSさんのご希望で「彩苑」の栗田さんにお願いをしました。


婦人公論
婦人公論「婦人公論」はアラフォー世代の女性読者層を対象にした一般誌で中央公論新社から隔週で発行されています。2009年5月22日号の特集は「40代から備えるひとりの老後」です。その特集の中で、「今こそ住居の見直しどき、40代からのエコを楽しむ住まいのヒント」というテーマで光設計のエコロジーな家づくりが紹介されています。地熱を利用した杉並区のIさんの住まい、雨水と緑のカーテンを利用した喜多見の私の住まいの2つの実例をもとに、エコロジーを楽しむ住まいのヒントが掲載されています。


ホームプランニング
ホームプランニングホームプランニングは銀行など金融機関のロビーに置かれている家づくりの情報誌です。2009年4−6月号で住宅建築家の手がけた10の実例を特集しています。そのなかで2006年に杉並区に完成した地中熱を利用したIさんの住まいが紹介されています。Iさんの住まいは大ケヤキを借景、日射の調整に利用するのと同時に、地下7mの地中熱をファンで取り込んで住まい全体に緩やかに循環させることにより、夏涼しく、冬暖かい住まいを実現しています。東京ガス主催「住まいの環境デザインアワード2008」で東京ガス特別賞を受賞したエコロジーな住まいです。


SIGNATURE誌
SIGNATURE誌SIGNATURE誌はダイナーズクラブのカード会員に向けて発行されている会報誌です。11月号の特集の2つ目はハウジングガイド...。エコロジカルな家づくりについて特集記事が掲載されています。喜多見の江戸スタイルの家の雨水利用や、緑のカーテンなどについてのインタビュー記事がわかりやすく掲載されています。


「和福美」(ニューハウス出版)
「和福美」「和福美」はニューハウス出版が季刊で発行している和モダンの住まいの本です。2008年冬号の「癒しのバスルーム」のコーナーで喜多見エコハウスの浴室が紹介されています。喜多見エコハウスの浴室は高野槇のバスタブ、カナダ杉の天井と壁、大きな坪庭のある気持ちのよいお風呂です。ガラスの引き戸を全開口すると露天風呂のような感じでバスタイムを楽しめます。


ニューハウス「モダンな和の家2」
ニューハウス「モダンな和の家2」「モダンな和の家2」はいままでに月刊ニューハウスに掲載された住まいの中から「モダンな和」をテーマに厳選された住まいを掲載しています。「新らしい住まいに和を生かす」のコーナーに喜多見エコハウスが掲載されています。喜多見エコハウスは小さな住まいですが、畳空間のよさを生かして障子の開け閉めで広くも狭くも使える住まいになっています。


住まいの設計アーカイブ
住まいの設計アーカイブ扶桑社の「新しい住まいの設計」12月号(2007年10月21日発行)の「住まいの設計アーカイブ」のコーナーに、12年前に埼玉県日高市に完成した新堀さんの住まいが掲載されてます。当時はまだ珍しかった珪藻土・月桃紙・自然塗料などを使いながら、呼吸する住まいの魁のような住宅です。取材の時に立ち会いましたが、珪藻土はとてもきれいな状態でした。無垢のべい松も経年美化で美しい飴色に変わっていました。


LIVING DESIGN
LIVING DESIGN LIVING DESIGN はリビングデザインセンターOZONEの会員向けの情報誌で、年4回発行されています。2007年秋号の特集は「LOW CO2 Lifestyle 」。地球温暖化対策のためにいま何ができるかを世界のエコハウスを取材して特集しています。私も「日本でできるエコハウス-2」の記事を担当しています。個人の住宅をつくるときに、採り入れることができるエコロジーの工夫について9つの事例を紹介しています。


ムック本「すくすくと子供が育つ家づくりのルール66」(成美堂出版)
「すくすくと子供が育つ家づくりのルール66」成美堂出版のムック本「すくすくと子供が育つ家づくりのルール66」(2007年11月1日発行)に昨年10月北区に完成したAさんの住まいが掲載されています。Aさんの住まいは敷地約25坪に計画した木造3階の住まいです。3階に家族共有のファミリースペースを計画して、そこに畳コーナーなどもあり、子供たちが本を読んだり、勉強したり、遊んだり...と自由な発想で楽しみながら使えるようになっています。


フリーペーパー「余はく」第2号
フリーペーパー「余はく」第2号ハウスネットギャラリーが年2回発行しているフリーペーパー「余はく」の創刊第2号(2007年9月号)です。今回の特集は「地球に建てる家」。特集の中で光設計の呼吸する住まいが2ページにわたって紹介されています。施工例で掲載されている八王子市のSさんの住まいは、通り庭のようなデッキの中庭がある住まいで、雑木林のようなガーデニングが住まいを引き立たせています。


WaSaBi(2007/9月号)
WaSaBiWaSaBi(わさび)というこの本は食と旅と住まいの月刊誌です。2007年9月号のLivingの特集は「上質バス空間」です。ここのところ、お風呂の特集に掲載されることが多くなりました。でも今回は取材に立ち会ったときに、雨水を利用した緑のカーテンでのクーリングのこともお話ししましたので、そんな話題もちゃんと「自然の力を使った省エネ対策」としてゴーヤの写真付きで小さな記事にしてもらえました。


ONESELF VOl.9
ONESELF VOl.9大人のためのインテリアスタイル誌「ONESELF 2007/7月号」です。
この本はインテリアショップ、ホテル・銀行のロビー、JAL・ANA機内誌などとして配布されています。VOl.9 の今回の号の特集は「至福を味わうバスタイム」....。喜多見エコハウスの坪庭付きのお風呂が掲載されています。


ニューハウスのムックの「住みよい間取りの家」
「住みよい間取りの家」ニューハウスムック「住みよい間取りの家」(2007年6月30日発売)日野市のN さんの住まいが掲載されています。Nさんの住まいは、キッチン〜ユーテリテイ〜お風呂〜トイレという家事動線が回遊できるようになっている住まいです。


「チルチンびと」別冊NO.13
「チルチンびと」別冊「チルチンびと」別冊NO.13(2007年5月1日発売)杉並区に完成した地下7mの地熱を利用したIさんの住まいが掲載されています。Iさんの家づくりはBDACの建築家紹介システムを利用しながら施工を地元の(株)カツマタに依頼しています。


世界でいちばん自分らしい家NO.6
世界でいちばん自分らしい家NO.6「世界でいちばん自分らしい家」(2007年4月1日発売)[扶桑社] OZONE家づくりサポートで建てられた住宅を特集している本で、今回の号で第6号になります。東京ガスの床暖房の記事のところで、喜多見エコハウスが2ページにわたって特集されています。


「東京で家を建てる」2007年春号(リクルート社)
「東京で家を建てる」「東京で家を建てる」(2007年2月28日発売)[リクルート社]に地下7mの地熱を利用した荻窪Iさんの住まいが掲載されています。この本は東京近郊の工務店さんたちの住宅を中心に掲載している本です。


ニューハウス・ムックNO.122「モダンな和の住まい」
「モダンな和の住まい」ニューハウス・ムック「モダンな和の住まい」(2007年1月26日発売)に喜多見エコハウスが掲載されています。ニューハウスに掲載された住まいの中から「モダンな和の住まい」をテーマにして厳選した住まいを掲載しています。現代の和のスタイルの住まいに感心ある人におすすめの本です。


地球丸「木の家に暮らす」16号
「木の家に暮らす」「木の家に暮らす」(2006年11月25日発売)[地球丸]
木の家の特集が充実している本です。隔月で発行されています。渋谷区の2階リビングのAさんの住まいが紹介されています。


ムックの本「建築家と建てた素敵な家」(2006/10/25発行)(成美堂出版)
「建築家と建てた素敵な家」「建築家と建てた素敵な家」(2006年11月25日発売)[成美堂出版]
自然素材のからだにやさしい家のコーナーに、世田谷区のTさんの住まいが掲載されています。Tさんの住まいは南側に中庭のようなデッキテラスのある住まいです。


ニューハウス10月号
ニューハウス10月号ニューハウス10月号に2月に完成した所沢市Tさんの2世帯住宅が掲載されています。Tさん、取材の折はご家族みなさんでご協力をありがとうございました。今月号の特集は「我が家は間取りに自信あり!」です。Tさんの住まいは2世帯の中間に中庭を計画して、両親世帯と若世帯がファジーにつながるような間取りになっています。2つの世帯の4世代、みんなが笑顔で仲良く、楽しく暮らせるということを大切にしながら設計をした住まいです。入居して半年、若世帯の奥様がご自身のブログ「ミナミムキ」でときどき住み心地などを発信してくれています。


「和のスタイルで快適な家づくり79の方法」(成美堂出版)
「和のスタイルで快適な家づくり79の方法」「和のスタイルで快適な家づくり79の方法」(2006年9月10日発売)[成美堂出版]
和のスタイルの住まいを特集しています。私の自邸:喜多見エコハウスが紹介されています。


住まいの手引き2007年版(新建新聞社)
住まいの手引き2007年版新建新聞社は長野県の新聞社で、「新建ハウジング」という業界新聞などを発行している会社です。年に1回、「住まいの手引き」という住宅のムックの本も発行しています。横浜市港北区のU-HOUSEが「住まいの手引き2007年版」(新建新聞社)に掲載されています。


別冊 PLUS 1 LIVING「予算内で賢く家を建てる157のコツ」(主婦の友社)
「予算内で賢く家を建てる157のコツ」「予算内で賢く家を建てる157のコツ」(2006年8月10日発売)[主婦の友社]
家づくりにかかわる予算を分かりやすく説明しています。川崎市のWさんの住まいが紹介されています。Wさんの住まいはテレビ朝日「渡辺篤史のたて物探訪」でも放送されました。


別冊美しい部屋NO.54「私の家づくり」(主婦と生活社)
「私の家づくり」別冊美しい部屋NO.54「私の家づくり」(主婦と生活社)の「我が家のクールビズ対策」の特集に光設計の省エネルギーへの取り組みが紹介されています。屋根緑化や雨水利用、薪ストーブの余熱利用、昔の住まいの地窓やらんまの見直しなどが実例写真とともに掲載されています。


ムックの本「心地よい和の暮らし」(成美堂出版)
「心地よい和の暮らし」成美堂出版のムックの本「心地よい和の暮らし」はインテリアを中心に紹介する本です。喜多見 エコハウスが掲載されています。喜多見 エコハウスは畳のリビングを障子で仕切って、広くも狭くもファジーに使えます。そのインテリアを中心に、そば猪口や大皿、麻のれんや布わらじなど和の小物なども紹介されています。


ニューハウスのムックNO.112「間取りが決め手の住まい」
「間取りが決め手の住まい」ニューハウスのムックNO.112「間取りが決め手の住まい」に2003年に日野市に完成した西村さんの住まいが掲載されています。このムックの本は過去にニューハウスに掲載された施工例の中から、「間取りのいい家」を特集したものですのでいま住まいづくりを計画している人にはとても参考になる本です。


LEE特別号「LEE LIVING 家族を守る!耐震・防犯・自然素材の住まい」(集英社)
「LEE LIVING 家族を守る!耐震・防犯・自然素材の住まい」LEE特別号「LEE LIVING 家族を守る!耐震・防犯・自然素材の住まい」(2006年4月10日発売)[集英社]に昨年7月に完成した喜多見エコハウスが6ページに渡って掲載されています。


ムックの「本当に暮らしやすい間取り138の条件」(成美堂出版)
「本当に暮らしやすい間取り138の条件」「本当に暮らしやすい間取り138の条件」(2006年3月25日発売)[成美堂出版]
第3章「快適なサニタリーのプランニング術」、「合理的な収納計画を練る」の記事を担当しています。八王子市に完成したMさんの住まいも掲載されています。


「住まいの実例セレクション50」
「住まいの実例セレクション50」「住まいの実例セレクション50」(2005年3月31日発行)【リクルート社】
「自然素材こだわり住宅」のコーナーで横浜市青葉区に完成したI・Hさんの住まいが掲載されています。傾斜地を利用して、ビルトインガレージと地下からの玄関のある木造2階の住まいです。土地探しのころからの相談でしたので、土地取得〜設計〜工事に約2年くらいの時間をかけてじっくり進んだ住宅です。


「アイシスラテール20号」
「アイシスラテール20号」「アイシスラテール20号」(2005年3月5日発行)【株式会社アイシス】
この本はオーガニックをテーマにした本で年4回発行されています。衣、食、暮らし全てにわたってオーガニックの情報が満載されています。「自然の恵みを活かしたオーガニック・ハウス」のコーナーで、光設計の住まいづくりが特集されています。練馬区に完成した雨水をトイレの流し水に利用しているKさんの住まい、横浜市に完成した太陽光発電を利用している Iさんの住まいがそれぞれのご家族のインタビューとともに紹介されています。


別冊メイプル 自然に優しい家
自然に優しい家別冊メイプル 自然に優しい家(2004年9月3日発売)【(株)集英社】
メイプルは月刊の女性誌ですが、「木の住まい」を特集することもあります。府中市に完成したTさんの住まいが紹介されています。Tさんの住まいは延べ16坪の小さな平屋の家なのですが、真ん中に3坪分の中庭があり、光と風が通り抜け、四季の移り変わり、雨や雪の自然現象が身近に楽しめる住まいです。




  受賞・マスコミ掲載
最新メディア情報:受賞
受賞
最新メディア情報:雑誌
雑誌
最新メディア情報:テレビ
テレビ
最新メディア情報:新聞
新聞
最新メディア情報:WEBサイト
WEBサイト

提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所